FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
行きの時差ボケはまったくなかったのですが、帰りは機内で映画を楽しんだり疲れも重なって、最寄りの駅で起きていられるか不安なほどネムネムで22日の夜に帰ってきました。クロムさんは足音をききつけて玄関までお出迎えしてくれました。ベロベロと愛でてやりたかったのですが、口内炎が上下あわせて20個ちかくできているので自粛。(どんだけ遊び疲れたかという…)ほんのわずかの時間だけいつもより甘えのあるクロムさんでしたが、すぐに荷物の匂いチェックをしに離れてしまいました。そのあといっぱい遊んでくれましたけど、なんかあっさりしてましたよ(苦笑)。案の定体重が200g増えておりまして、脱走は2回したとのこと、ちょっと前足の肉球にケガの後があるようですが、かさぶたになっているので大丈夫かな。

向こうでのことを語るとそれはもう長くなってしまうので、箇条書きでご報告。
おそらくウザイので「続きを読む」のほうへしまっておきますw

…というわけで続きになります。長いです。ごめんなさい。

【17日】
・出発前、空港でみそ汁を飲み少し舌をやけどする。
・機内では夕ご飯のあと即就寝。
・到着後、予定の観光がなく?免税店で45分の時間つぶしの後ホテルへ。DFSは一度はいると出るのが大変なのでスルー。
・宿泊ホテルでのランチ。早速アメリカサイズのハンバーガーがお出迎え。
・1時間の身支度時間の後、西川さんとツーショットを撮るため隣のホテルへ移動。

<イベント1>
・全員集合したところで、強制された「殿下」の呼び込みで西川さんのご挨拶。
・グループ対抗形式でのクイズ「タボネリア」を解きながら撮影の順番待ち。
・カーテンの手前で順番をまち、いよいよ自分の番。入るとすぐに西川さんがオレンジの一人掛けチェアに座っていて、かるく挨拶をしながら前を通してもらって、隣の西川さんの腕が回されている椅子に座って、2度シャッターを切られる。前回が腰から上での撮影だったので、下半身のポージングの意識ゼロ。股は開いていなかった…はず(笑)。撮影スペースにはいってから、隣のすごく顔が近い状態、そして出る間際までずっと目をあわせていた印象。もっと引きで全体見ておけよというくらい、目の印象しか残ってないw
・終わってから緊張してきた。
・クイズの解答をグループ内でまとめ提出。ステージでは先日のアニソンベスト500をループで上映。全員の撮影が終わりクイズも採点され、結果発表。答えは後日配布とのこと。

イベントの後、相方と晩飯へ。そしてばったりであった友達とも一緒に行くことになりました。お気に入りのフードパントリーを確認した後で、近くのレストランへ。食事の後はフードパントリーで買い物をしてホテルへ帰りました。ホテルは前々回と同じマリオットだったのですが、似たような高さの似たような景色の見える部屋で懐かしかったですv


【18日】
・朝食はABCストアのスパムむすび。これが好きv

<イベント2>
・昼前にウォーターアドベンチャーパークへバス移動。コテージに集められ、本日の進行と確認の後、バイキング形式の昼食。
・少しの自由時間の後イベント開始、西川さんとメンバーの皆さんがコテージの真ん中のスペースを歩いてステージへ。
・メンバーさんをリーダーとして、チーム対抗「アー写 七並べ」を行うってことらしい。
・ゲームの説明がされるものの、司会の隣で足を肩幅に開き、片手をマイクに構え、もう片手を腰に手を当てた姿勢で、左右に腰を振りまくる西川さんに意識がいって何一つ理解できない(苦笑)。
・なんとか空気を読んで理解したゲームの内容は、個々に配布されたアー写、ジャケ写を元にコテージの内側に貼られたリリース日の書かれた紙の下に集まり、4人程度のグループでシングルまたはアルバムの名前を正確に紙に書き、リリース順に西川さんの前に見せに行き、正解数の多かったチームが勝ちというもの。
・簡単に思えて大文字や小文字のケアレスミス、複雑な漢字の誤魔化しや、綴りの間違いが多くて混戦模様。
・ちなみに自分は淳士チームでしたが、正解して元の場所に戻る際ハイタッチした手のひらはさすがドラマー、分厚くて逞しかったです。
・イベントに関係のないミヤミヤが後ろの方で寝転がっていたのを、西川さん目ざとく発見。沖縄に帰れと言うてましたw
・西川さん+メンバー交えたイベントの後は、パーク内に散らばったスタッフとじゃんけんをして勝てば缶バッジをもらえるゲームをしつつの自由時間。
・帰りのバスの中で、このあと行われるディナーパーティーでの西川さんへのバースデーソングについての打ち合わせあり。再び「ディア殿下」を強要、そして不評wでもまぁ決まり事みたいなので妥協。

<イベント3>
1時間程でバタバタと身支度をして、再びお隣のパシフィックビ-チホテルへ。同じ時間に多くの人間が移動するので、エレベーターになかなか乗れません。隣なんですが、迷子にならないように引率してくれるのね。おめかしした日本人がゾロゾロと並んで歩くの…変じゃね?
・円卓がいくつも並ぶ仕様で、指定されたテーブルへ着席。まずは食事。なかなか旨かった。
・未公開映像上映。去年のUSJでの舞台裏でした。あんな形でソルシエに向かったとは…。この映像、またどこかで見せて欲しいですw
・司会の方が現れてバースデーソングの再確認。「ディア殿下」…ですね。
・壇上にケーキが用意され、まずはメンバーさんが呼び込まれる。
・ハッピーバースデー合唱。西川さん中央より登場。
・西川さん、何度かにわけてローソク吹き消す。ケーキにも「殿下」と書かれているらしい。
・SUNAOさんがみんなを代表して西川さんへ花束贈呈…のはずが、おもむろに自分からのプレゼントを取り出し先に渡してしまう。みんなからという花束は小脇に抱えられ、ないがしろな感じwそれを先に渡さなきゃだよSUNAOさん!
・メンバーさんからのプレゼントは、SUNAOさんが木箱に入ったお箸。柴さんは実物が大きかったらしく目録でしたがiPod用のスピーカー。IKUOさんからは犬服。淳士さんからは空港を通るのに大変だったというエピソード付きの、豚の鼻と耳と、カンガルーのアバラの犬用嗜好品。
・犬服のサイズからしてチワかティーカップあたりの小型犬のようですが、現在栄養失調気味とのこと。連日のイベントからも溺愛ぶりが要所要所で出てました。
・メンバーさんから西川さんへのコメント。
・西川さんからの振りでSUNAOさんによるSUNAO式新ストレッチ法の実演。
・西川さんからメンバーさんへのお礼のコメントがあって、ステージの皆さんLIVE準備のため退場。
・その間に我々は個々に与えられたキャンドルを灯して客席側も準備。

-set list-
1.はじまる波
2.月虹-GEKKOH-(ロングバージョン)
(MC)
3.雪幻-winter dust-

今の声で聞けて嬉しかったvでも3曲だけかぁーーーーー。めそ。(他の2曲も聴けなかったのがすごく残念!)
・キャンドルをみんなで一斉に吹き消そうということで「これからも、皆と長く一緒にいられますように。」なんてウルっときそうな西川さんの一言とともに、ふぅ~。
・素敵な夜をくれたステージの面々に拍手で送り出し、2日目終了。


【19日】
夕方のLIVEまでは自由時間。昼までゆっくり部屋で過ごし、海に出る。海にはいっていて日が陰るとちょっと寒い。連日の夜もすごく寒くて、風呂で体を温めなきゃ凍えそうだったり。ハワイのくせに日本より寒いな。

<イベント4>
・集合時間に集まり、バスで30分程の会場へ。倉庫のようなとこw
・こんな小さい会場初めてかも。だいぶ後ろからの入場だったので後方でまったりしましたが、それでも近い。ステージも高いので見えないということは全くなし。(自己最小は広島のクアトロ)

-set list-
1.LOVE SAVER
2.HEART OF SWORD -夜明け前-
3.O.L.
(MC)
4.IMITATION CRIME
5.Zips
6.VITAL BURNER
7.LIGHT MY FIRE
(MC)
8.SHAKIN' LOVE
9.とっておきのおはなし -新説恋愛進化論-
10.Tomorrow Meets Resistance

10位からのランキング順の並びでした。曲順がありえないし、次の曲が何かドキドキだし、アレンジカッコイイし、予想外の曲に盛り上がるし、なんだこれっバカになっちまうよw最初の2曲で死にかけてました。正直後ろの方でよかったな、たった10曲だけど前方ではリタイアする子もいたみたいで…もったいない。(下がりたくても下がれないんだよね…経験者談。)
LIVE前だっけ?どこかのタイミングでまた「殿下」と強制されかけましたが、LIVEに挑む勢いもあり断固拒否wそれにしても会報で決まったこととはいえ、これほどにまで不評ってどうなんだろ(苦笑)。(西川さんに殿下と呼びかけるのは、なんか…パタリ○を思い出す。)

「年末に会おうぜ!」だそうですv
LIVEが終わり、お馴染みの「一列になって」の退場です。後ろの方だったので早々と退場となった訳ですが、最初のほうだけにサクサクと回されました。外でバス待ちをするくらになら、気持ち余裕ください。あわあわとLIVE後ホヤホヤの西川さんと握手を交わし、余韻をかみしめつつバスの列へ。どこからともなく握られた手が香るという声が聞こえてきたので自分の手を嗅いでみると、もろDiorでした。ふりすぎな強さで。うれしがって嗅いでいると(変態とでもなんとでもw)帰りのバスで酔いかけました。

到着してから連続の西川ちゃん漬け、すごく贅沢な時間でした。これにてイベント終了!
ホテルに到着して、初日に撮ったツーショットをいただきました。
写真を見て爆笑。なんだっこの乙女チックな自分w
気になっていた自分の足下はそれはかわいらしく内股でした。大爆笑。写真を撮ってくださったのは、前回とおなじく加藤千絵さんだったそうで、西川さんはさすがフォトジェニックではありますが、こんな小汚い自分まで5割増にキレイに撮ってくれてありがとうございました!(遺影にしますw)

晩ご飯は一度行ってみたかったマクドへ。
こっちのほうが自分好みでした。サイミンとセットメニューで結構な量になりましたが、そこは最高LIVEの後、ペロリと完食しました。満足。


【20日】
フリーで1日。Bコースは最初こそバタバタしましたが、全てを終わらせてハワイを満喫できる一日があるのがいいところ。昼にロコモコを食べにいくも営業時間を見落としていて時間外。やむを得ずそのまま海にでました。前日は防波堤のある波のないビーチを楽しみましたが、こんどは波のあるところへ。時々強い波が押し寄せてきて、浜まで打ち上げられることしばしば。浜に流れ着く小瓶を体感しましたw
30分ほど漂うように波と戯れてホテルに戻り、せっかくだからとホテルのプールにも浸かってみました。ちょこんとついていたジャグジーがちゃんとお湯だった!
お昼を食べ損ねたまま、新スポットのビーチウォークまでトロリーで移動。違うメニューがあれば面白いねと、腹ごなしにスタバに行きましたが、よくよく考えると地元にスタバないから季節のメニューの違いがわかんねーwとりあえずブルーベリーマフィンは甘甘で、スパイシーパンプキンラテは妙ちくりんでした。
最後に夕日を見たかったのですが間に合わず、とりあえずビーチに出て遠くの船を眺めたりしました。(前回、前々回は半ば強制的にあれに乗ったんだよなー)ホテルを中抜けしながらプールサイドで催されていたハワイアンダンスを鑑賞。なかなかそれっぽいものを見る機会が無かったので見れて良かったよ。半裸のお兄さんがたいまつをグルグルやってんの、一度は見たかったんだぁw
その後、クーポンのあった近くのフードコートでこっち系のあれこれを正味。フードコートならではの値段なのであれこれ頼めたけども、ツレには不評wそして自分も不評w…ま、これはこんなもんだという体験が重要で、一応満腹になるほどには食べられたので良かったです。
帰りはちょっと遠いかなとおもいつつも徒歩でホテルへ。おもったより近かったかな?前回はタクシーつかってましたが、乗る距離でもなかったね。夜だったから歩けたのだろうけども。ビーチ沿いの通りをパフォーマンスのあれこれを楽しみながら帰り、よくありがちな中華系のレインボーアートみたいな技法で名前を書いてくれるおっちゃんに一筆やってもらって、最後にホテル近くのビーチへ。
月の写る夜の海はキレイだったー。
ホテルについてからもラナイから海や夜の街の明かりを楽しみ、収まらない荷物と格闘して就寝。


【21日】
8時前に荷物が回収されていき、二度寝して9時半集合でいよいよバスで空港へ。イベントに追われる日はまだこれだけしか過ごしてないとか言ってましたが、帰りになるとあっという間だったわけで。しかし短期ながらにちゃっかり日焼けして、ホルター型に焼けた遊びすぎの烙印っぽくていい感じです。これを見ながら遊んだ分の仕事を取り返さなきゃですよ。虹を見られたのは2回かな。1回は2重の虹で面白かった。
機内では寝られそうになかったので、映画を少々。パイレーツオブカリビアンの3本目のやつがありましたが、2を見てないのでかみ合わない感がありつつもジャック船長が可愛く楽しめました。ファンタスティックフォーは好みではなかったなー。オーシャンズ13はそれなりに。スパイダーマン3は黒いピーターが調子こいている部分だけ見ましたw(かっこよくなりきれてない感が好きv)
30分ほど早く到着し、予定より早い新幹線で帰ることが出来ました。

気が付けば機内で日付変更線を越え、1日が消えてました。こんなに短い日もあるなんて、ほんと時間は有効に使わなきゃならんですね。
いい運動になった旅行でした。少し疲れは残ると思いますが、血の巡りは良くなったと思うのでこの勢いに任せて日常に帰りたいと思います。
おしまい。




携帯からでも見られるようになったかな?
自分の為のメモがわりの日記ですが、どんな感じかちょっとでも伝わったなら良かったです。
今回は高かっただけのことはあったよw
【2007/10/06 21:27】 URL | 龍流 #-[ 編集]

久しぶりにきてみたら新しくなってて、得した気分になりました(^―^)


ハワイレポ楽しかったv(^^)v
私もいつか又行きたいです♪
【2007/10/05 22:05】 URL | who-rin #WzzJX4NY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 system:t[2]r, All rights reserved.