FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
深夜でしたが、友人と電話をしている最中にクロムさんが獲物を見つけたようで、チョイチョイしておりました。また蜘蛛をいじっていると思ったのですがちらちら見える獲物がそれとは違うようで、でかい蛾かな?とおもいつつ近くで確認すると、なんとネズミでした(苦笑)。
たまにいるパニくって動けなくなるタイプでしょうか、手を出されるがままに翻弄されていました。それでも反応が薄いからクロムさんもまだ本気モードになりきれず。しかしこちらが身を乗り出して確保しようとすると、とられまいとしてくわえて逃走。電話を切らせてもらって追いかけました。(よくあることですが、いつもリアルで実況してごめんね友人達。)
助けてやるためにクロムさんをつかまえて、くわえさせたまま屋外へ。顎をおさえても絶対はなさないのですが最近コツをつかみまして、顔に息を吹きかけて獲物をおとさせました。口から落としそうになると両手で器用に支えてくわえなおしたりするので、両手もしっかり両脇に固定させて髭あたりを狙って、フーッ。これで一発です。
クロムさんだけ部屋に戻し、しばらくネズミの様子をみてみましたが、大きなケガもなかったようでチョロチョロしたあと枯れ葉の下へ逃げていきました。
今回助かった子はうちのまわりでも特に可愛いカヤネズミタイプ。背中の毛がフワフワv
何年も前、読みかけの新聞紙のしたで毛繕いをしていたのを素手で確保した子と同じ(そして手のひらの上でも毛繕いを続けたw)、天然なのかおとなしいのか、おっとりとした種類のネズミちゃんなのでありました。
そういう可愛い子は捕らないでいいよクロムさん。

スポンサーサイト





| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 system:t[2]r, All rights reserved.